lock photo

 

 

 

ふとあるとき、
過去3年間の出来事をふりかえるタイミングがあったのですが、
不思議なことに記憶が“4年分”あって(゚Д゚)ってなりました。

 

大きなイベントがあった際に一緒にいた人に
事実確認も取ったのですがどういうわけだか
体感年数的にはやっぱり“4年”なんですよ。

 

どうも2014年あたりが怪しい。
私は2014年を2回経験しているのかもしれない…。

 

世界線を移動してきたとか。
タイムリープしてきたとか。
パラレルワールドかもとか。

 

諸々信じていたほうが人生楽しいので、
たぶんそういうのだろうと思って今日も生きています。
まぁどうせ純粋に記憶違いなんでしょうけどね。

 

そんなわけで今回は不可解なおはなし。
青崎有吾氏『ノッキンオン・ロックドドア』読了です。

 

 

 

洗練されたトリック問題集


 

 

インターホンもドアチャイムもノッカーもない
探偵事務所ノッキンオン・ロックドドア。

 

戸惑うようなノックの音なら、
謎を抱えた依頼人がやってきたしるしだ。

 

密室、
容疑者全員アリバイあり、
衆人環視の毒殺など、
〈不可能(HOW)〉な状況のトリックを推理する御殿場倒理と、

 

ダイイングメッセージ、
現場に残された不自然なもの、
被害者の着衣など
〈不可解(WHY)〉な状況から理由や動機を解明する片無氷雨。

 

相棒かつライバルのダブル探偵が、難事件に挑む!

 

※あらすじは徳間書店による
※「ノッキノン・ロックドドア」特設サイトより引用(一部編集)しました。
http://www.tokuma.jp/knockingon/index.html

 

 

 

青崎氏の著書は、
過去にデビュー作『体育館の殺人』を読んでいます。

 

あちらはどうも肌に合わなかったので、
後続が次々刊行されても手に取ってこなかったのですが
今回あまりにも表紙がオサレだったので思わず購入(笑)

 

2016年上半期読んだ本で1番デザイン好きかもしれない。
なんなら結構本気でこのデザインのポスター欲しいです。

 

 

 

文体は作中の〈謎〉も含め、
個人的には『体育館の殺人』よりカジュアルというか、
親近感?とっつきやすさ?があったように感じました。
服でいうとユニクロみたいな洗練されたカジュアル感←?

 

各登場人物の名前に若干ラノベっぽさを感じますが、
主人公2人のキャラクターはとくに魅力的で◎です。
原作に忠実な漫画化・ゲーム化もおもしろいかと思います。

 

 

 

構成面についてはちょっとだけ。

 

おそらくは続編ありきで書かれているため、
主人公たちの心象描写が意図的に遠まわりで書かれ、
容疑者や犯人たちも深く堀りさげられていないので、
物語的には淡白、ドライ、あっさり…といった印象。

 

キャラが魅力的だっただけに、
その点では物足りなさがありました。
本格ミステリーだとこんなものなんでしょうか。
(本格ほとんど読まないので的外れならごめんなさい)

 

 

 

以下、
各話の感想を簡単に書いてみました。

 

 

 

と、言いたいところなのですが。


 

 

前述したように
作品自体が謎解きやトリックに重点が置かれているため、
感想を書くにはどうしてもネタバレ前提になってしまい、
ネタバレ覚悟で書いたとしてもトリックの質の話だけに
なってしまうというなんともMugitterに不利なこの状況。

 

一応、
感想ノートの段階からがんばって未読の方々でも
参考になるような文章を考えてはみたんですけど、
物語的にはやっぱりどうにも薄すぎてダメでした

 

本格ミステリーって感想書くの難しいですね(白目)
期待してここまで読んでくださっていた方々ごめんなさいorz

 

それでもがんばってひねりだせるとしたら、
「髪の短くなった死体」「いわゆる一つの雪密室」「十円玉が少なすぎる」
この3篇が個人的にはとてもおもしろかったです…としか…言えない…。

 

じゃあなんで無理して記事書いたのかといいますと、
純粋に自分の読書記録としてというのと、それから、
地味眼鏡こと氷雨さんがかわいいと伝えたかった。

 

詳しい感想は書けませんが、
サラリと読めておもしろかったです。
倒理さんもかわいいからぜひ読んであげてください!←

 

 

 

WとHの蜜月関係


 

 

記事を書いていて気づいたのですが、
倒理は不可能(HOW)専門で氷雨は不可解(WHY)専門。

 

「HOW」の中にも「W」があって。
「WHY」の中にも「H」があって。

 

おもしろいことにどちらにもどちらの文字があるんですね。

 

最終話の最後のほうで氷雨が、
「何せ僕らは、二人で一人前の未熟者だし」と言っているように
HOWとWHY、「H」と「W」は、共依存のようなものなのかも。

 

続編も2017年に刊行(予定)が決まっているそうなので、
次巻も読もうかなと思っていますが感想は期待しないでください。

 

Ranking
Writer
佐々木 麦 Sasaki Mugi
読んだ小説の感想や考察を書いています。好きが高じて元小説家志望なので、一篇の物語のように心躍る記事が書ければ。ユニークな設定やしっかりとテーマがある小説に惹かれます。小説の他に哲学、美術、神話などの学術本も好きです。