ミステリー
  • 感想│森川智喜『死者と言葉を交わすなかれ』

    当ブログでは三途川理シリーズでおなじみ森川智喜さんが2020年に上梓された、三途川理シリーズじゃない長編ミステリー。 純粋に三途川理シリーズが好きな私なので正直最初はあまり期待していなかったのですが、結局、後頭部をどちゃくそに殴られた気分です。普通におもしろかった。あたりまえだけど。いや、「普通」ですらなかったな。ミステリー小説であることをフルに活かした1冊だったと思う。森川さんはあ...
  • 絶妙な距離感&存在感で現代に適合した究極の妖怪〈怖ガラセ屋サン〉に震えろ -『怖ガラセ屋サン』感想

    澤村伊智『怖ガラセ屋サン』を読みました。リアリズム、詐欺、イジメ、怪談ビジネス、芸能界、大病……さまざまな境遇におかれすっかり恐怖を軽んじるようになってしまった人々にとっておきの恐怖を突きつける〈怖ガラセ屋サン〉にまつわる連作短編集。ホラー小説を読んで窒息しかけた過去があるのに澤村産ホラーだけなぜか着々と新刊を追っている私も、まぁ、ホラーっちゃホラー。 大人になって「...

    2021年12月28日

  • 人は得てして、なりたいものになれない -『偽恋愛小説家、最後の嘘』感想

    森晶麿『偽恋愛小説家、最後の嘘』を読みました。前作からどのぐらいぶり?うそ、5年……?控えている積ん読のリストがえぐいので今回はとくに前作・前々作の再読とかはしなかったんですけど、それでもすんなり文章や世界観に入っていけました。正味1日で読んじゃったな。さすが森晶麿。いや、森センセ。 今回は作家・星寛人がSNSの公式アカウントにて「最高傑作ができてしまった」とつぶやいたことから各出版...
  • ようこそ、推理の武闘会へ -『シンデレラ城の殺人』感想

    ネタバレ注意!(白字表記) 本記事には紺野天龍『シンデレラ城の殺人』のネタバレが含まれていますが、該当する箇所は白字で表記されています。ネタバレが含まれていてもかまわない場合は白字部分をドラッグすることで読めますので、任意でどうぞ。 紺野天龍さんの『シンデレラ城の殺人』を読みました。『錬金術師の密室』『錬金術師の消失』が好きすぎてhontoから紺野さんの刊行情報をも...
  • 檻は鳥から自由を奪い、命を守る -『久遠の檻 天久鷹央の事件カルテ』感想

    『火焰の凶器 天久鷹央の事件カルテ』以降しばらく空いちゃったんですけど、久しぶりに天久鷹央シリーズの感想です。 シリーズ12作目、うち〈事件カルテ〉シリーズとしては7作目となる長編小説。語り手である“僕”こと小鳥遊優に加え研修医の鴻ノ池舞を正式に統括診断部のメンバーに迎え、おなじみ天才医師・天久鷹央が15年以上の時を経てなおまったく容姿の変わらない少女・楯石希津奈の不老と復活の謎に挑...

    2021年9月14日

  • 鼻は、人間の奥底につながる無防備な穴だ -『透明な夜の香り』感想

    千早さんの小説は高校生だか大学生だかの時分に『おとぎのかけら 新釈西洋童話集』を読んで以来だったんですけど、第一印象と変わらない、幻想的で蠱惑的な美しい文章でした。拠点となる洋館には主人公・一香以外の女性はおらず、調香師の朔、探偵の新城、庭を管理する源さんとまわりは男性が固めますが安易にハーレムとか唯一の女性である一香をチヤホヤしないそれぞれの距離感が絶妙で良いですね。 ...
  • 困難とは特効薬か、麻薬か -『錬金術師の消失』感想

    ※例によってばっちりネタバレになる部分を引用しているので任意で読んでください。 「エミリア! 時間もないからさっさと栄養補給だ! あと滅法熱い紅茶も淹れてくれ! さぁ、リベンジマッチの始まりだ!」 (P364/L11~12より引用) というわけで、間髪入れずに2作目『錬金術師の消失』です。最初は惜しい気持ちでちまちま読んでいたのですが、そのうち我慢できなくなって結...
  • 【再読】難題に挑みたがるのは人の常でもある -『錬金術師の密室』感想

    初読の感想はこちら: https://www.mugitter.com/2020/06/30/2020kamihanki/ シリーズ2作目『錬金術師の消失』購入したので再読。初読の感想は過去の私がどこにも需要のない謎の特集に放りこんでしまったので今回改めて独立した感想記事を書きました。ばっちりネタバレになる部分を引用しているので任意で読んでね! 初...
Ranking
Writer
佐々木 麦 Sasaki Mugi
読んだ小説の感想や考察を書いています。好きが高じて元小説家志望なので、一篇の物語のように心躍る記事が書ければ。ユニークな設定やしっかりとテーマがある小説に惹かれます。小説の他に哲学、美術、神話などの学術本も好きです。