著者名「瀬尾まいこ」の感想記事一覧
  • 瀬尾まいこはバイキングのサラダだ -『夏の体温』感想

    気がついたら下半期がはじまっている。 読書ペースは例年どおり月に3~4冊程度だけれど、読書運が悪いのか、今年はあまり感想や考察をあれこれ妄想するほどの良著に出会えていないような気がする。読書記録をふりかえってみても、読後の熱を鮮烈に思いだせる小説はまだ2冊しかなかった。海外のSFとミステリー。どちらもストーリーはさることながら、キャラクターの造形と彼らの織りなす会話の空気やテンポがい...
  • 日常小説に需要はあるか? -『傑作はまだ』感想

    「まだふっくらしてるよ。ここの大福、豆が本当にうまいんだ」 私が好きになる小説はいつも決まってなにかを食べている。物語のさして重要ではない場面で、丁寧に、とても美味しそうに。瀬尾まいこ『傑作はまだ』では大福が、主人公の加賀野こと〈俺〉と、生まれてから25年間一度も会ったことのない息子・智をつなぐある種のキーワード、いや、キーフードになっている。「人」を「良」くする、で「食べる」だ...
  • 誰かの人生を共有するのは楽しい -『強運の持ち主』感想

    瀬尾まいこ『強運の持ち主』を読みました。ここ最近心がじんわりあたたまるような話がつづいているので、同じテイストのものが読みたいなぁ、と書店を物色しているときに平積みで見つけました。表紙のイラストと色合いがめちゃ好み。瀬尾氏の作品は学生の時分に『図書館の神様』を読んだことがあったかな。まだ読解力ポンコツ時代だったのであまり作品を理解できず、ふわふわした印象に留まっていた作家だったので...
Ranking
Writer
佐々木 麦 Sasaki Mugi
読んだ小説についてあれこれ考察するのが趣味です。雑食のつもりですが、ユニークな設定やしっかりとテーマがある小説に惹かれがち。小説の他に哲学、美術、異形や神話などの学術本も読みます。