tie photo

 

 

 

小学生のときに好きなコがいました。

 

小学5年生のときから恋をしていて、
中学時代の3年間は同じクラスでした。

 

入学から(たぶん)まもなく彼に彼女ができたことを知り、
同じ教室で複雑な3年間を過ごした青春時代(遠い目)。

 

中学3年生のときに、
私のことを好きな人がいると友人から噂を聞きました。
私が好きだった彼といつも一緒にいた人でした。

 

噂の信憑性は未だ定かではありませんが、
少女漫画の設定みたいな関係性でしたね。

 

事実は小説より奇なり。
何がどこでつながっているかわかりません。

 

 

 

昨日のおはなしですが、
新藤卓広さんの『秘密結社にご注意を』を読了しました。

 

表紙には、
青・桃・黄・黒を基調とした男女4人組の姿。
なにこのあふれる○○戦隊××ジャー感ワクワクする。

 

タイトルのとおりある〈秘密結社〉のおはなし。
この秘密結社、やることは、本人たちすら「?」なことばかり。

 

・晴れた日に傘をさして歩け
・十時から二時までウォーキングせよ
・ビル4階と5階を徹底的に清掃せよ
・ゲーセンで新作ゲームをプレイせよ

 

そんな「?」なことばかりやっているほうも、

 

・ストーカー容疑で会社をクビになった引きこもり
・思ったことを言わずにはいられない圧倒的美人
・余計なことしか話さない面倒クサい軽薄おやじ
・欧米人のように彫りの深い無表情クールイケメン

 

心配すぎるメンバー編成(絶望)

 

一方そんな彼らの水面下で同時進行している
誘拐事件にピッキング騒動にヤクザたちの影。

 

一見、「舞台」「登場人物」「ストーリー」すべてがバラバラで
結末がどう落ちつくのか皆目見当もつかないおはなしですが。

 

今ここで挙げたすべての項目が
最後はなにひとつ無駄がなく1つの結末につながります。

 

秘密結社がおこなうすべての任務。
秘密結社に集まったすべての人物。
作中に登場するすべての人物(モブ)。
作中で進行していくすべての出来事。

 

なにもかもが巨大なパズルのピースです。
終盤の伏線回収のすさまじさは爽快です。

 

展開されるおはなしは闇社会的なものですが、
雰囲気は日曜の朝の特撮ヒーロー的な爽やかさ。
個人的にはこれはぜひ男性に読んでいただきたい!

 

本編には関係ないことですが、
面倒クサい軽薄おやじが言う余計なこと。
じつは結構良いこと言ってたりしますよ。

 

このミス大賞の優秀賞受賞作だそうだけど、
なにがすごいって作者が26だか27歳という事実(激震)。

 

Ranking
Writer
佐々木 麦 Sasaki Mugi
読んだ小説の感想や考察を書いています。好きが高じて元小説家志望なので、一篇の物語のように心躍る記事が書ければ。ユニークな設定やしっかりとテーマがある小説に惹かれます。小説の他に哲学、美術、神話などの学術本も好きです。