witch girl photo

 

 

 

先月のことですが、
原宿で開催されていた『魔女の秘密展』に行ってきました。

 

魔女の定義を記した書物。
実際の拷問に使われた器具。
女性が“魔女”に仕立てあげられる過程。

 

展示を見てまわっているあいだ、
心のどこかで思っていたんです。
言葉とやり方が変わっただけで、
今も変わっていないんじゃないかって。
人にラベルを貼って、自分と違う人は糾弾して。

 

魔女とはなんだったのか。

 

その問いの1つの見解として、

 

それは、
人間の心が生みだした存在なのかもしれません。

 

音声ガイドの最後はこのように締めていました。
(※音声はうろ覚えなので正確ではないです)

 

たった1つの言葉や動作をつまみあげて、
簡単に人を人でないふうに仕立てあげる。

 

魔女も生みだす人間の心とやらのほうが、
案外よっぽどおそろしいなにかなのかも。

 

今回はそんなわけで魔女(?)のおはなし。
相沢沙呼氏『マツリカ・マジョルカ』読了です。

 

 

***

 

柴山祐希、高校1年。

 

クラスに居場所を見付けられず、
冴えない学校生活を送っていた。

 

そんな彼の毎日が、
学校近くの廃墟に住む女子高生
マツリカとの出会いで一変する。

 

「柴犬」と呼ばれパシリ扱いされつつも、
学校の謎を解明するため、
他人と関わることになる祐希。

 

逃げないでいるのは難しいが、
本当は逃げる必要なんてないのかもしれない……
何かが変わり始めたとき、新たな事件が起こり!?

 

やみつき必至の青春ミステリ。

 

※あらすじは文庫裏表紙より引用しました。

 

***

 

 

どこが魔女要素かというと、
作中で柴山がマツリカさんのことを「魔女」と
形容するシーンがあるので魔女で繋げました(笑)。

 

相沢氏の作品は、
結構前に『午前零時のサンドリヨン』を読んだのと
学園ミステリーのアンソロジー本に収録されていた
「恋のおまじないのチンク・ア・チンク」を読んでて。

 

本作もタイトルが印象的で長年読みたい本リストに
挙げていたのですが文庫化に伴いようやく読めました。

 

まず賞賛すべきは太もも!じゃなくて!表紙!

 

購入理由の90%ぐらいが表紙といっても過言じゃない
大変素晴らしい太もm…マツリカさんの表紙に大満足。
結構本気で額に入れて飾りたいくらいきれいな絵です。

 

本文は主人公である柴山の一人称で書かれていますが、
柴山のキャラクターも含めて好みが分かれそうな文体。
読了はしたものの私はあまり好きになれませんでした。
「……」の多用など個人的に気になるところもあります。

 

優しくて傷つきやすく多感な部分は
青春小説としては好ましいのですが、
ただその内面が地の文章にもにじみ、
まわりくどく湿っぽさを感じました。

 

しかし各話の真相と結末のやりきれなさはいいです。
青春時代のひなたと日陰をバランスよく味わえます。
読んでいて何度か泣きそうになる場面もありました。

 

全体で見ると評価が難しいです。

 

以下、各話感想もまとめました。

 

 

原始人ランナウェイ:

 

夕方になると現れるという原始人のおはなし。
タイトルと真相のギャップがすごかったです。
こんな落差感じたくなかった、やりきれない。

 

「それは、おまえが現実から目を背けたいだけ。
こんなことは、希有なできごとではない。
たとえ目の前にあるそれが幻だったとしても、
それは世界のいたるところで起こっている。
ありがちな、潰しても潰しても消えない蟻のようなもの。
どこからともなく、湧いて現れる」

 

人の想像力って衰えてきたなぁ、と、最近思うのです。

 

自分のことで精一杯で、
まわりのことを考える余裕がなくなっていく。
考える余裕がないからさらにわからなくなる。
わからないことが増えるから考えるのをやめる。

 

文化の発展に人類は比例しているんでしょうか。

 

もしかして、
あるときから反比例して退化してるのかも。

 

言葉も話せなかった原始人と
文明が発達し進化を遂げた現代人。
一体どちらが相手のことまで想像できるのでしょうね。

 

 

幽鬼的テレスコープ:

 

※ネタバレを含むため【 】内は白字表記です。
 任意で【 】内を反転してお読みください。

 

山で抉られた目を探して彷徨う少女のおはなし。
今ふと思ったのですが「幽鬼」と「祐希」って
なにか関係あるんでしょうかね…いや、ないか。

 

一連の怪奇現象についての真相はもちろん
マツリカさんによって明かされていますが、
解決とは違った結末なのでモヤモヤします。

 

小西さんの言葉を思い出す。
レンズを付け替えることで、
見える世界が変わっていくように、
人を見る眼を変えることで、
自分自身も変わっていくことができるかもしれない。
世界が変わっていくかもしれない。

 

柴山のこの言葉は物語そのものにも言えることで。

 

たとえばこれを【秋和先輩の視点】で考えてみると。
たとえばこれを【根岸先輩の視点】で考えてみると。

 

同じ真相でもまったく違う角度から見つめてみると、
同じはずの顛末がそれぞれ印象の異なる話になる。
片目の少女の怪談話にもまた言えることですけど。

 

自分が1つのレンズであること。
人の数だけ別のレンズがあるということですね。

 

 

いたずらディスガイズ:

 

文化祭で消えたアリス衣装の紛失騒動のおはなし。
収録作品4篇の中では1番好きなおはなしでした。
文化祭の雰囲気もあって他よりは気楽に読めます。

 

読後最初の印象は「やりきれない」でした。
他でも再三言っているように収録作品全部
やりきれないおはなしではあるんですけど、
ダントツでこれが1番やりきれなかったかと。

 

柴山が回を重ねるごとに成長して報われている反面、
物語の真相がいつもあくまで題材で報われていない。

 

それってあんまりじゃないですか。
悔しくてこれはあと2回ほど読みなおしました。
読みなおして、それで、そんなことなかったかもなって。

 

本当は、気付いていたんだ。
本当は、知らないふりをしていたんだ。
みんなが僕のことを避けていたり、
無視していたりなんて、大きな嘘だ。

 

柴山が見つけた答え。
文中に埋もれている答え。
描かれていない真相のその先にも、届くといいなぁ。

 

 

さよならメランコリア:

 

作中何度か話に出てくる柴山のお姉さんのおはなし。
最終話にも関わらずなんだかわりとあっさりな印象。
読んでいる途中でおおよその見当がついたからかも。

 

好みが分かれそうな文体と前述しましたが、
柴山のキャラにハマれない人にはなかなか
入りこめないおはなしだったように思います。
私もこれは一線引いて見てしまったというか。

 

ごめんね柴山。
キミが嫌いなわけじゃないんだよ。
キミの気持ちや境遇には共感できる点もあるんだが…。

 

柴山ファンの方いらっしゃいましたら、
是非御教示ください、Twitterあたりで。
魅力とか萌えポイントとか待ってますね!←

 

 

文庫化はまだのようですが、
続編『マツリカ・マハリタ』が刊行されているそうですね。
本作は文庫で読んだので次また文庫化の時期に考えますが、
私は柴山の一人称に慣れることができるのだろうか…(笑)。

 

解説の中で著者について、

 

気弱な男子高校生が美少女と組んで
探偵役を務めるという構図は、
著者の十八番スタイルなのだ。

 

とありましたが『午前零時のサンドリヨン』もそうでしたっけ?
前に一度読んだきりなので確認がてらまたあちらも読もうかな。
手元にはありませんが人に文庫版を勧めたので彼から借ります。

 

Ranking
Writer
佐々木 麦 Sasaki Mugi
読んだ小説の感想や考察を書いています。好きが高じて元小説家志望なので、一篇の物語のように心躍る記事が書ければ。ユニークな設定やしっかりとテーマがある小説に惹かれます。小説の他に哲学、美術、神話などの学術本も好きです。