レポート
  • 【感想在中】紙切れ・話題・ライト係から、不思議な手紙が届きました。

    ┃5月某日 麦宅 白々しい茶番からはじまりましたが、先週、東京にある三省堂書店神保町本店内に本を買いに行ったら神保町いちのいちで「何者からかの手紙」という心ときめく“手紙小説”なるものを見つけてしまったので買ってみました。たくさんある中から私が選んだのは読書好きのフリーライターとして馴染みのある「紙切れ」と「話題」、さら...

    2019年5月28日

  • 捨てられないスタバの紙袋の使い道を考えた結果おしゃれなブックカバーになった

    先日、兄夫婦から誕生日プレゼントをもらいました。スターバックスのシンプルなロゴ入りマグと粉末スティックの詰めあわせでした。実用性の塊をくれるあたりこの2人さすがわかってる!そういうところ好き!そんなメモリアルな紙袋は当然捨てられるわけがないので、前々から気になっていた紙袋をリメイクしてブックカバーをつくるというのをやってみることにしました。 紙袋ブックカバーをつく...

    2019年2月17日

  • 『水上博物館アケローンの夜』からはじめる!東京国立博物館

    !ネタバレ注意! 本記事には蒼月海里『水上博物館アケローンの夜』のネタバレおよびネタバレとなるワードを使用した箇所があります。作品を既読している、または、これを承諾する場合のみ読んでいただきますようよろしくおねがいします。 先日読んだ小説、蒼月海里『水上博物館アケローンの夜』の舞台となった東京国立博物館に行ってきました。となりの国立科学博物館なら...

    2018年5月24日

  • 第26回文学フリマ東京に行ってきました

    5月6日、第26回文学フリマ東京へ行ってきました。第20回、第22回、書いていないけど第25回につづいて4回目の文学フリマですが未だにあのランウェイ慣れません。視線恐怖症には苦痛。あそこを歩いているといつもポケモンの初代だか金銀だかを思いだします。サイクリングロードとかにこういうところなかったっけ。それはさておき、今回も文学フリマでの出会いや交流、買ってきたものなどを記していきます。 ...

    2018年5月21日

  • 宮沢賢治に想いを馳せる旅の感動と反省

    7月某日、岩手に旅行へ行ってきました。なにゆえ突然の岩手かというとじつは一度は宮沢賢治記念館に行ってみたいなぁと常々思っていたから。トントン拍子で憧れの聖地に立つことになってしまって「え?いいの?本当に?」と戸惑いを覚えつつ本当に行ってしまったので今回は初岩手・宮沢賢治に想いを馳せる旅の感動と反省を記しておきます。 徒歩は狂気の沙汰 某日...

    2017年8月21日

  • 【企画】『暗黒女子』映画化を見届けてきた

    ※注意※ 当記事には 映画「暗黒女子」および原作『暗黒女子』に関するネタバレがあります。 映画「暗黒女子」をすでに鑑賞されている方、 原作を既読の方、またはネタバレを了承する 未鑑賞/未読の方のみ閲覧されることを推奨いたします。 本文中【反転】や赤字でのネタバレの注意喚起を行いませんのでご注意ください。 ...

    2017年5月12日

  • 【企画】ミステリー小説の読書量は実際の推理力に比例するのか

    2017年1月14日および15日、東京都は池袋にあるナンジャタウンの謎解きアトラクション「ナンジャ探偵団」で遊んできました。 case2:【第1章】消えた少女を探せ! case2:【第2章】大人たちが消える街 今回は13日に解禁されたばかりの新シナリオと未プレイだった前章の豪華2本立て!ちなみに前作「case1:言語喪失事件」は2013...

    2017年1月18日

  • 【企画】舞台『夜中に犬に起こった奇妙な事件』をあえて映画館で観よう

    ※小説の感想記事はこちら: http://13.114.91.99/2016/06/07/yonaka-inu-ziken/ ※記事を読む前に必ずご確認ください。 この記事は舞台の演出や内容に触れた、 ネタバレを多く含む観賞レポになっております。 以降【反転】や赤字でネタバレの注意喚起を行いませんので、 読者様各自でご判断いただき...

    2016年7月3日

Ranking
Writer
佐々木 麦 Sasaki Mugi
読んだ小説の感想や考察を書いています。好きが高じて元小説家志望なので、一篇の物語のように心躍る記事が書ければ。ユニークな設定やしっかりとテーマがある小説に惹かれます。小説の他に哲学、美術、神話などの学術本も好きです。