雑記
  • 随筆、特別展「毒」について

    2022年11月1日~2023年2月19日まで国立科学博物館で開催されている〈特別展「毒」〉に行ってきました。凝ったレポートを書くつもりはありませんが、個人的に学んだこと、おもしろいなと感じたところなどを記録を残しておくので興味があったら読んでください。また、文章にするにあたり購入した図録を適宜参考または引用しています。 まず、前提としてウイルスは「毒」じゃないそうで...

    2022年11月10日

  • 随想、『ENDER LILIES: Quietus of the Knights』について

    Binary Haze Interactiveから出ているゲーム『ENDER LILIES: Quietus of the Knights』がめちゃくちゃおもしろかったので、考えたことをあれこれまとめておきます。ネタバレあり。とはいえ物語の考察は他所の良質な記事に任せ、こちらはあくまで雑感です。 ENDER LILIES⇒ユリを断ち切る者 ...

    2022年6月1日

  • 随想、死について

    最近は岡田斗司夫の動画をはじめ、五十嵐律人『原因において自由な物語』だったり久坂部羊『R.I.P. 安らかに眠れ』だったり、どうも死について考える機会が多かった。 思うに、私たちが死をおそれる理由は ①死に伴う痛みがこわい ②今していることができなくなるのがつらい この2点に絞られるんじゃなかろうか。つまり、苦痛と不満である。 おそらく①は...

    2022年5月7日

  • 思索、ハイコンテクストで生き残るには

    めるはば、佐々木麦です。 4作品を応募したショートショートnote杯の結果発表がありました。落ちるのは全然想定したいたのでちょっとしか落ちこまなかったんですけど、そのあとの反省会が有意義な思索になったので読者諸兄姉と共有したく。 なお、机にむかう前風呂に入ってギャグマンガ日和を読んでいたので視界の端に聖徳太子がチラついています。どこまであの反省会を文章化できるかわかりま...

    2021年12月14日

  • 毎年、大型連休は必ず誰かを世界を救ってる ~今年は救うぇなかった・エニックス~

    2021年5月の大型連休はやっぱりほとんどの時間ゲームをしていた。ボードゲーム、オンラインのリアル脱出ゲーム、PS4。 ボードゲームは『トゥー・ルームス』という作品がおもしろかった。 2人のプレイヤーが協力しながら吸血鬼・マントを負傷させ、ニーナを助けださなければいけない。外箱まで使う(!)無駄のないシンプルなルールながら「目を閉じる」という行為がいいエ...

    2021年5月14日

  • 創作についてのいくつかの雑文

    物語としてあまりに救いようがなく文字表現という根本的な観点からもほとんど理解できない小説と出会う。内容云々より、おそらくこれが作品として世に出たことの意味を考えなきゃいけない本なのだと思った。 今じゃすっかり共感至上主義みたいな世界になってしまったけど、自分が共感できるものだけを選んで相手から共感ばかり求めるような生きかたは、じつは得られる幸福感と得るための苦労がまったく釣りあってい...

    2021年3月10日

  • CANDY ISLANDの『Happy×2 Days』における唐突なラップは双葉杏のアドリブではない説

    残暑お見舞い申しあげます。麦Pです。 今日も私の担当アイドルたちはかわいいのですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?我らがCANDY ISLANDが歌う『Happy×2 Days』にうたいわけ機能が実装されましたね。聴きました?この神機能のせいで私のデレステは最近『Happy×2 Days』のMV再生機と化しています。 信じられないことに推しが毎日かわいいというHappy...

    2020年8月25日

  • 随想、WOMCADOLE『黎明プルメリア』について

    初夏の候、友人に勧められてWOMCADOLEのアルバム『黎明プルメリア』を聴いてみたらとてもよかったので、衝動のままに感じたことや思ったことなどあれこれ考察してみました。全13曲、長くなりますが興味がありましたらぜひ読んでいってください。 1.FRAG 順風満帆、ということわざがあるとおり船は物事の進行の象徴でもあります。 余計なものが存在しない海上において見...

    2020年5月19日

Ranking
Writer
佐々木 麦 Sasaki Mugi
読んだ小説についてあれこれ考察するのが趣味です。雑食のつもりですが、ユニークな設定やしっかりとテーマがある小説に惹かれがち。小説の他に哲学、美術、異形や神話などの学術本も読みます。