ミステリー
  • 『さよなら、シリアルキラー』(バリー・ライガ 著)

    娘は父親に似るとよくいいますが、 私もおおよそは父親似の傾向です。 短気なところ。 酒に弱いけれど酒が好きなところ。 クイズ番組ですぐ知ったかしちゃうところ。 なお得はしていない模様(´∀`)笑 ちなみに読書傾向はまったく似ていません。 警察小説好きの父。 東野圭吾好きの兄。 ストーリー重視で雑食の私...
  • 『聴き屋の芸術学部祭』(市井豊 著)

    今日は4月1日、 エイプリルフールだったようですね。 私には友達がいないので エイプリルフールの習慣がないので(震え声) 昨日読了した「フール」にまつわる小説のおはなしを。 市井豊さんの小説、 『聴き屋の芸術学部祭』を3月末に読了しました。 え、なにが「フール」にまつわるのかですか? ああこれ〈ザ・フール〉...
  • 『黒猫の薔薇あるいは時間飛行』(森晶麿 著)

    恋をすると女性はキレイになる、といいます。 「綺麗」という言葉は〈美〉を形容する言葉のひとつ。 〈愛〉と〈美〉からは親戚関係のようなものを感じます。 愛を突きつめるとそれは美となり、 美を紐解けばそこには愛が見える。 そういえばどちらも人間特有の概念ですね。 森晶麿さんの『黒猫の薔薇あるいは時間飛行』読了で...
  • 『天久鷹央の推理カルテⅡ ファントムの病棟』(知念実希人 著)

    学生時代から病院が大の苦手です。 もともと人とコミュニケーションをとるのが絶望的に下手クソなので 開口一番に一言で症状を説明したあとはもう「はい」しか言えない、つらい。 診察室で問診を受けるのが恐怖なので、 具合が悪くても自主的に病院に行くことはありません。 実際に行くのはこわいですが、 前回に続いて医療ミステリー読了...

    2015年3月10日

  • 『天久鷹央の推理カルテ』(知念実希人 著)

    今年引いたおみくじは大吉でした。 「体調に気をつけてさえいれば何も文句なし」 現在、この非大吉要素が異様に当たっています。 頭痛・腹痛には週2~3日に1回の頻度で襲われます。 イブと正露丸が私の友達といっても過言じゃないです。 1月は胃腸風邪(疑惑)で数日ベッドと友達。 2月は胃が炎症を起こして(確定)以下...

    2015年3月4日

  • 『秘密結社にご注意を』(新藤卓広 著)

    小学生のときに好きなコがいました。 小学5年生のときから恋をしていて、 中学時代の3年間は同じクラスでした。 入学から(たぶん)まもなく彼に彼女ができたことを知り、 同じ教室で複雑な3年間を過ごした青春時代(遠い目)。 中学3年生のときに、 私のことを好きな人がいると友人から噂を聞きました。 私が好きだった彼といつも...

    2015年3月2日

  • 『からくり探偵・百栗柿三郎』(伽古屋圭市 著)

    突然ですが、 先週水曜日あたりから腸に炎症が起きていたので、 食事を摂るたびに腹痛という日々を送っています^^; それはさておきTwitterでは報告しましたが、 先日小説を1冊読了しましたので感想文UPです。 ディストピア小説・ファンタジー小説と読んできて、 今回はミステリー小説を堪能してまいりましたよ! 伽古屋圭...
Ranking
Writer
佐々木 麦 Sasaki Mugi
読んだ小説の感想や考察を書いています。好きが高じて元小説家志望なので、一篇の物語のように心躍る記事が書ければ。ユニークな設定やしっかりとテーマがある小説に惹かれます。小説の他に哲学、美術、神話などの学術本も好きです。